電話機能付き複合機・FAX機とおすすめ代替方法

電話機能付き複合機・FAX機とおすすめ代替方法

電話機の機能が付いた複合機、FAX機は、現在やや下火という状況ではありますが、根強い人気もあります。
主に、家庭用をメインとして作られたものですので、印刷可能枚数やスピードを考慮すると中規模・大規模のオフィスには不向きですが、小規模のオフィスや店舗では十分活用が可能です。省スペース性にも優れており、コスト面の負担もそれほど大きくありません。

今回は、電話機能付きのFAX機・複合機と、その代替機種について紹介したいと思います。

▶目次

1、電話機能付き複合機・FAX機について

電話機能付き複合機・FAX機とおすすめ代替方法
電話機能付きの複合機・FAX機についてご紹介します。

電話機能付き複合機・FAX機とは

電話機能付き複合機・FAX機とは、文字通り外線の電話をかけることのできるFAX機のことを指します。FAXの他にコピー機能・スキャン機能も付いています。

家庭用の電話機としての製品が一般的ですので、いわゆるビジネスフォンとしての内線機能や転送機能は持たないものになりますが、その分コストとしては安く、3万円以下で購入できるものがほとんどです。

最新のものでは、親機の電話機(複合機)の他にコードレスフォン子機2台、インターネット無線LAN通信用の通信機までが利用できます。

手軽に複合機が利用できる他、ビジネスに最低限必要な機能はすべてそろえているので、個人事業主の方や小規模の事務所・店舗におすすめです。

電話付き複合機のおすすめメーカー

電話付き複合機は、FAXのニーズの低下に伴い、だんだん作られなくなってきています。おすすめメーカーというよりも、むしろ選択肢が非常に少ない状況ではありますが、現在、電話付き複合機を多く発売しているメーカーはブラザー工業社です。

電話付き複合機のメリット

電話付き複合機の最大のメリットは、コスト面が非常に優れていることと、オフィスや店舗の省スペース性に優れていることです。
また、子機にも対応しているため、接客などで店舗内の移動が多いスタッフが利用する場合にも適しています。

家庭向けの商品ながらスキャン機能やコピー機能など、ビジネスに必要とされる機能もある程度利用することができるので、非常に使い勝手が良いのではないかと思います。

電話付き複合機のデメリット

電話付き複合機のメリットとしては、複合機としての機能はかなり制限されてしまうことです。

因子のサイズはL判からA4サイズまでとなっており、ビジネスで多く利用されるA3サイズの印刷には対応しておりません。
また、FAX使用中は電話が通話中になってしまう、逆に電話を利用している最中はFAXが送受信できないといった状況になりますので、通話や通信が多いビジネスで利用するには追い付かないという現状があります。

店舗での利用や、メインの複合機の補助端末、個人事業主などのユーザーに適した機種かと思われます。

2、電話付き複合機・FAX機のおすすめ代替方法

電話機能付き複合機・FAX機とおすすめ代替方法
現在、電話付き複合機はやや下火の状況にあります。また、事業拡大により、本格的な家庭用レベルのものではなくビジネス用途に適した複合機が必要となる場合もあるでしょう。そのような場合に利用できそうな機種・サービスについて紹介します。

クラウドビジネスフォン+複合機

最も基本的な考えですが、電話機はビジネスフォンを導入し、複合機を別途購入する方法です。

この場合、コストについてはビジネスフォン電話機と複合機・FAX機を同時購入することにより販売店に対してある程度の価格交渉をすることが可能になるかと思います。
また、電話の設置費用や主装置の購入代金の負担を小さくするには、クラウドビジネスフォンを導入するといった手段もあります。

クラウドビジネスフォンを導入した場合は、主装置が不要になるためビジネスフォン設置のイニシャルコストがかなり抑えられます。状況によっては、既に保有しているスマートフォンを、ビジネスフォン子機として設定し、電話機を購入しなくてもビジネスフォンを導入することが可能になる場合もあります。

このとき、複合機とビジネスフォンを両方幅広く販売している業者から購入することをおすすめします。同時購入するとは言っても、購入先が普段複合機を取り扱っていない電話販売業者の場合は、費用面でのメリットはほとんどないでしょう。

クラウドビジネスフォン+インターネットFAX

クラウドビジネスフォンのオプションとして、インターネットFAXを利用するという手段もあります。

インターネットFAXはパソコンやスマートフォンからデータ化した書類を送受信する方法です。プリントアウトをするためにはFAX機や複合機が必要になりますが、頻度が頻繁でない場合は印刷作業をコンビニなどのコピー機を利用して行うことも可能です。

月額利用料はかかりますが、初期費用は無料もしくは格安で、FAXの送受信料金も安いので、多くの枚数をプリントアウトする必要がない事業者やオフィスや印刷代、用紙代を節約したい方におすすめです。

こういったサービスやメールが主流化してきたことで、電話機付複合機のニーズが低下してきたという一面もあります。

3、まとめ

電話機能付き複合機・FAX機について紹介しました。
ブラザー工業製の一般家庭向けのものが主流となっていますが、省スペース性に優れコピー・FAX・スキャナの機能が利用できるので、小規模のビジネスやサブの機器としておすすめできる機種となっています。

現在、クラウドビジネスフォンやインターネットFAXなどの新たなサービスが台頭していますので、状況によっては新しいサービスを利用するのもおすすめです。クラウドビジネスフォン、インターネットFAXについては、機能面・コスト面・省スペース面のどれをとっても非常に優れているので、インターネット間環境さえ整っていれば導入しやすいサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です